日々徒然なるままに駄目っぷりと愚痴と愛しさの垂れ流し。 呟き手はkt-blue。なんかの病気。躁鬱腐女子らしいよ。咲かない桜に憧れをこめて。


by ktblue-black
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:思考の迷走( 100 )

いまさっきまで

ちょっとしたことに腹をたてていたのですが、
結局のところ他者に何かを期待した自分が悪かったんだなと思えばだいぶ落ち着きました。

この世の絶対法則
「期待したら裏切られる」
期待して裏切られなかったりしたらそれは奇跡と呼びます

期待をするということはひとつの自傷行為なので、自分で自分の手首掻っ捌いといて他人に怒りをぶつけんのはお門違いってやつです



理解してもらおうと期待してはいけない
理解されないのが当たり前
話を聞いてもらおうとしてはいけない
話は聞いてもらえないのが当たり前


ひとはとかく自分は絶対優先してもらえる存在であると錯覚しがちですが、あなたにとっての自分を絶対優先してくれるべき他者はその他者にとっては自分な訳で、となるとあなたにとっての他者から見たあなたは自分を絶対優先してくれるべき他者なわけです。

絶対優先してくれるっていう期待がそもそものまちがいで、基本的にそこらにころがってる石みたいなもんですよ。自分なんて。
裏切られたと思った瞬間にあなたは相手を裏切るのですな
裏切らず傷つけずに生きるには期待しないこと。

いつも忘れる
昔っから色んな人が教えてくれてきたのにね
期待に添えず申し訳ないです
[PR]
by ktblue-black | 2009-11-08 02:43 | 思考の迷走

ほかの管轄。

どっち先にかこうかと思ったけどこっちにする
わかるひとだけわかればいい記事
不快になるかも 愚痴じゃないけども ある種の弔辞

いや、まさかねって思ってたんだけど、ほんとに管轄のそとにいってしまわれるとはおもわなんだ
一時期さらされたりとかいろいろあったけど、それでもいろんなことやろうとしてらしたし実際進行してらしたし
だけどそれってもしかしたらこっちに自分を繋いでおこうとする必死の足掻きだったのかもしれないなと今は思う

親交があったわけでも面識があったわけでもなんでもなくて、ただ単に作品の一ファンでしかなかったんだけどね

最初はなんか、また冗談なんじゃないかなとか、思って
しばらくしたらぷぇーうそでしたそんな度胸ナイナイ笑って記事が上がるのかな?って思ってたんですけど
動いていたはずの色々が止まっていたりとか直接関係のあった方々の諸々とか見ていたら、どうも真実らしい


見ず知らずの人間でもおおきなしょっくをうける、のだなあ。

何を言っても嘘になるから管轄外なんですが、忘れようったって忘れらんない位には影響を受けた作家の一人であり、すげえすきなひとです。ストーカー気持ち悪い!うすぎたないブタやろうが!
わすれないことが一番のなにかになるなら、私もそのしるしのひとりになれるんだろうか、なんて 思ってみる。
[PR]
by ktblue-black | 2009-11-07 18:25 | 思考の迷走
まあなにかってったら渋々なシブのあーぺーはーなお話しなんですがね!

ってこっからきり出したってわかんない人はわかんないと思うが興味なかったらスルーしておくれ
所詮ただの呟きですから

しょうじきなところあーぺーはーのふの人である自分ですので
全然中立でも何でもねー立ち位置にいるんでこうせいなめせんであるじしんはまったくないのですけどまあ。

なんつーか…
軽く配慮して今までどおりやんのか もしくはにじ系の生み出し業を一切撤廃してただのROMになるかのどっちかしかねえんじゃね?
とおもっていますな。
あーぺーはーに限らず。
今回の件を議論するんならなってこと。
あと運営は版権系の作品とかを締め出して二次色全く含まない創作作品オンリーの芸術SNSにするか。

ほかの国云々っていうのがなんか直近で恐ろしいことのように感じてしまうのでちょっくら忘れ気味なんですけど
あーぺーはーは本家公認だからええということに仮にしても
そもそもが虹の世界ってのがちょさくけん侵害で訴えられてもおかしくない存在だぜ。
国際問題と国内のちょさくけんうんぬんはまたちがうはなしやろ!っていわれそうだけども。

や、なんかね?うがったみかたばっかすんのよくねんだけどよ
「あーぺーはーのせいでウチのジャンルがうもれてるのだから邪魔者は消したい」
「ふはめつぼうせよおのこのからみはきもいのだ」
「荒れれ荒れれひゃっほう」
ていうのがよ 結構いる気がしてなんねえんでさ そんで大体さ そういうのはさ
「あーぺーはーきえた!これでうちのジャンルのあれそれカプがいっぱいハァハァ」
「ゆりはせいぎ!おにゃのこかわいい!エ口ばんざい!」
「次はどこがあらせるだろうひゃっほう」
って思ってるような気がすんだよね 
全部そうだとは思ってねえけんども
そういう悪意を増長させるって言うか調子に乗らせんの好きでねんですわ
普段はスルーすんだけんどね?
今は誰が何言っても指差されて叩かれるタイミングなんでどうにもなりませんけどねぇ

ワ一ルドワイドウェブにのってっからやばいんだよ!っていうか知りませんが
新聞の風刺画とかに比べたらよっぽど可愛いんじゃないの?とか
色々思ったりもする

虹の世界はとっつきやすいんで特にでかいとか流行とかのジャンルは(頭も身体もどっちの意味でも)年の若い人とかほいほい入ってきやすいし
故にこう、マナーとか気遣いを置き去りにしちゃったりとかもあるんだけどさ

タグのじゅーはっきん・じゅーはっきんぐーとかいう機能もあるわけですし
好きじゃないジャンルだとかテイストの絵だってあるわけですし
どうみてもお色気絵とかゆりゆりちゅっちゅなアウフ絵は何でかセーフ判定になったりしてるんですし
…ねぇ? とおもうんだけどなあ

主義主張をまったく含まない表現物なんてあるわけねえんですしっていうかそんなもんあったら逆に見てみてえわ
自分のうんだものが一つの「作品」である っって意識を持ててれば自然と自分のありたい姿が自分でわかってくるんじゃねえかなって思うんですけどね
ありたい姿は人それぞれですけど
投稿するときの気遣いとか、なんかそんなん。

いくさの書き方云々とかもあるよねっていうの 結構引っかかってたんだけど、某所で「じゃあ史実映画とかそういうの扱った小説も不謹慎かい」っていわれて あーなるほどって思いましたよ。
明確な悪意もってなきゃいいんじゃないのかなあと思うんですけど。それ以上は揚げ足取りじゃね?
っていうか凄まじい悪意をはぐらかしはぐらかしして世に出すのは良いのかい
んー

あ、元々私の思考はまとまらないからもう気にしない 頭悪いんだ

校閲越えてるからいいんだって考え方もあるけども
じゃあそのラインそのまま国内全てに当てはめんのかいって ねぇ?

んー
あー
なんかおかしいなまとまらないのはいいけどぶれてるな
とりま
あーぺーはーをどうにかするんなら にじとちょさっけんの問題片付けてからこいよ いっそ
とおもう なー
J-kingとおんなじ扱いにに押し込めたいんだろうけども んー いやいやいやそれはおかしいだろ

そういやまえキャラ=国 でうだうだ言ってましたけどあれは9割自分の中でのもえへのけじめのための葛藤です。
眼鏡属性にもえてんのかおっしにもえてんのかどっちなんだ的な。そんな扱い。なんか違う気もするけど気にしない。

自分をルールにしたいひとがきに喰わない呟きのはずがあれー んー
間口が広いのってダメなん?
「私はおしあとがすきなの!あとおしもせいがくも認めないしそもそも鰤とかりぼなんかめっすればいいのよー!」的な感じが正解?
「おーおーみんながんばってんなー きれいやなー」じゃだめなん?
つーか他国の人たちってそんなに子供なん?子供の落書き虱潰して目くじら立てるほど子供なん?
そしておれらはみんな眼鏡かけて一人一台ガンレフもってそのレンズ越しにしかものを見なくて馬車馬のように働いてちょんまげ結ってて毎日すしてんぷら味噌汁納豆欠かさず食ってる民族だと自分で思ってるん?また、それに対して訴訟も辞さない構えで怒ってるん?

って。



右へならえの画一化が美徳であるならそもそも創作なんかに首突っ込んじゃいけねえと思うんだぜ
見るだけでも。
そうでねえんだからよ。
もうちっと視野を広く持ちたいよな 自分の子供愛してやろうよ と思う

うちたくてたまんないからしばいを打つんであって
そうやって打った芝居をとがめられてこっちに非があるんだったらそれで投獄されるんなら甘んじて受けるよ
うちたくてたまらなくなるには理由があるんだもの
でも折角作った芝居が嫌われない努力はしたいよね
でも譲れないところはあるんだものね
どういううち方をしたいかはそれぞれだけど 何でわざわざ芝居を打つってたくさんの人に見てもらいたいから
俺の声を聞け!だから
内輪で打って何がたのしい?
いや、まさにその内輪公演の稽古が明日から始まってしかもそれにでるんですけど
まあそれはスキルアップ目的のもんだからべつにいんですけど

万人に受ける芝居なんか存在しねーわけで
気に喰わなかったから金返せ公演やめろ劇団潰せはあまりに横暴なわけで
それがとおったら第三舞台とかN0DAMAPとかとっくに影も形もねえよ
それは芸術でこっちはただのファンアートだってんなら所詮ファンアートなわけですから

あー眠くなってきた
問題になるのはそれなりの問題性があるってのは確かにそうなんですけど
ことを大きくする前に提起するほうもされるほうももっと考えてもいいんじゃねえのってこと
誰からも非難されない答え見つけてから提起してみたらいいんじゃねえのってこと
そうでねえならでっかくすんなってこと ん? こっれはちょっと違うか?
とにかく短絡に動いたりなんなりする前に一時保留にして半月くらい本気出して考えたらいいんじゃないのかなって思うんだ
そんだけ 

つまるとこ 表現って何だ? だよ 私はそれが知りたい 一生かかっても知りたいような気がする

どうでもいいんですが
議論場への誘導用の絵が個人的にナチュラルに神過ぎる件について。
あーぺーはー騒動に仮に興味なくてもあれは普通にブクマするわ
[PR]
by ktblue-black | 2009-06-22 03:43 | 思考の迷走
死んだように生きていますと答えるのが正解な気がしますが
そんなにハードでも鬱でもないんじゃないかと思います
認められないことを認めない、でもホントは認めなきゃいけない、それが人生

探すなといわれると探したくなる、そんないきもの
[PR]
by ktblue-black | 2009-05-06 02:04 | 思考の迷走

骨ばった筋張った

おのこがかけるようになりたい
むしろ絵が描けるようになりたい

かきたいイメジはあるんだ!
某人の言葉を借りれば頭の中にあるイメジは
ぬこかわええ
イメジは具現化できるはずまき

にゃー

こめかみ
心臓
手の甲
肩口

硝煙
涙腺故障
毛留め
視線
白シャツ

硝子をうち抜け
実弾と空砲
リボルバー


くっそー
久々に例のスポーツ(笑)マンガネタが降ってきたのにー


今日は遊びに行くまき
もえをほかんするまき
仕事? …夜からおバイトですよ
もういっそ志願してみようかなぁマネジャ
何もしない俺よりはましなようなきもすだよ

負荷かけてかないとやっぱだめなんな?
むあー


最近の日記またわかりにくいな
まあしかたない
とにかくつぶやく場所なんでね

いつか意識しないでちゃんとした言葉を吐けるようになったら人になれるはず
空も飛べるはず
[PR]
by ktblue-black | 2009-04-03 10:56 | 思考の迷走

という生活 の旋律

二三日して、たわいもない話の中だとか、
あと15日でただのカードになる定期券だとか
そんな端々に「実感」のきっかけは転がっている

そのときはそんな風に思わないのにね。

何気なく音楽プレーヤーを回して
偶然にかかる曲
「きっと思い入れも名残惜しさも湧かないだろ」

ぜんぜんそんなことはありませんでした。

コーコーセーの曲もヨビコーセーの曲もいっぱいあります。
あにそんきゃらそんJ-POPインストサントラ

ダイガクセーの曲は
「あらいあきの」でした。
聴くと寂しくなる、泣きそうになるのはなんでだろう
明るい曲だってそうだ


朝遅刻しかけながら歩いたり 夜暗くなってから一人で帰る商店街だとか
みんなでふらっと出かけた花見だとか
たまたま間に合った落ち葉焚きの焼き芋とか
食堂でぐだぐだした話とか
パソコン室で時計を気にし続けたり
読めないサイドリーダー

中庭で泣いたり

突然鳴った携帯

無駄に繁華街に繰り出した水曜


すごい今更だけど
こんなに感傷的になる自分にびっくり

なんだかんだ 4年間通ってたんだねえ

またやろうよ 花見とか
言うだけならタダだけどさ

まとめる言葉が見つかりませんです


まだいきたかったのにいってないとこやってないこといっぱいある

だれかやろうよ!!
公園脇の焼き鳥食べよう
商店街の喫茶店でコーヒー飲もう
裏路地のハンバーグ屋さん入ろう
公園の動物園行こう

よこちょのランチたべよう
わき道通りの雑貨屋全制覇しよう
駅の反対側を散歩しよう

ねえ
[PR]
by ktblue-black | 2009-03-19 14:19 | 思考の迷走
なんだろうね
なきそうですよ

すきでもないおんなをだきしめるおとこの気持ちというのはどんなもんなんだろう
苦しいくらいすきなのにこっちを向かないことをしってる相手にふれたおんなのきもちはどんなもんか

子供すぎた関係のあとに残るものだとか

ひとりよがりな欲望だとか

なんかそんなものが
そんなものがぶわっと

たとえてに入れたとしてもそこは終わりじゃなくて
更なる深遠 葛藤の始まりだったりする
信じたいのに信じられないこと
不安になること
きっとだれも悪くはないのに溢れてくるそれら
それはきっと関係を消耗し疲弊してしまう

スピードがちがう事を受け入れるのはたやすい
だが 受け入れてそれを本当に実行するのはひどくむずかしい

到達できぬまま終わるものもある

飲み込んだ言葉はきっと瀬を作るだけじゃ足りない

すごくだいじにされているんだなーって
そのひとことがどれだけ

まあなんか
なんかもう そんなことばっか かんがえています
やだなあもう
[PR]
by ktblue-black | 2009-02-03 03:37 | 思考の迷走

じぶんのてえま

ってなんだろう?
と考えることありませんか。
わりと私は常にそんな思いに捕らわれております。

どうやったらそれを知ることができるのかな、と考えると、他人の作ったものや自分のはきだしたもののなかで 引っかかるもの
それかなぁと思ったりしておるわけです。

なにを言い出すのかって?
新海誠「秒速5センチメートル」をみたって話ですよ!
本編でなくて45秒の予告編でぶわっと来た。本編見なかったらこなかったろうと思うのだけども。


いったい だれと なにと もういちど あいたいのでしょうか

懐古厨乙?これは懐古厨なのかなぁ。
でもねぇ かえるべき何か、根ざす何かもない自分は、何処にかえればいいのでしょうね(^-^)

たまには映画とか見ないと色々枯れますね。

空に星にレールと桜で夜とお祭りと再会

なぁ
[PR]
by ktblue-black | 2009-01-29 17:09 | 思考の迷走

今日なんとなく

多分
私の中にはまだ吐き出したい生み出したい何かがあって、それが重油のように胸のそこにおぞんでいる
それはたまに泡だつ火種だ。
しかし今それに火をつけるだけのエネルギーをもっていない。
つけた火を大きくすることも保つことも消すこともできないだろうことも何となくわかっているから

私でなきゃだめな何かでなければいけない
と思っている
私でなくてはできない事なんてそうありはしないのにな
私でなくても良いことを私がやる意味がうまく理解できない
いらないと言われたならばなおさらである


どこにも居場所なんてみつけられないから、擬似的なコミュニティにすがりたがるのかな

生みたくて生まないことから目をそらして その代償行為として
やってみているのだろうか

多分それは失礼だ
失礼だが
本質とよばうものが何かは人それぞれであり、それが独りよがりになるのかどうかはやはりそれぞれにあり
レトリックをもたないものというのは
こごむしかないのだろうか
[PR]
by ktblue-black | 2009-01-18 14:57 | 思考の迷走

保守

<卒業論文作成過程で得た気付き>
・格好をつけようとしても無駄
「論文だから頭のよさそうな文章を作ろう」「そのためにこんな構成にしよう」と格好をつけても思ったとおりにはできない。自分は散々「論文っぽさ」にこだわった挙句、原点に戻ることになった。

・専用ノートの重要さ
卒業論文用にノートを一冊用意し、常に持ち歩いて卒論関係のことは全てそれに書き込んだ。最初は思考整理が目的だったが、次第に覚書と化していった。授業中にぴんと来たフレーズや、何気なく書いた瑣末なことを残しておくと、大詰め期に意外に活躍する。
  特に、煮詰まってしまったときに三月四月ごろの初期の構想などを見直すと新しいひらめきを得やすかった。
  また、パソコンに向かっているとでてこないことが、手で書いたことによって浮かんでくることもある。必ずペンで書き、考えが変わったとしても消去はしないようにした。

・とにかく何か行動をする
  書けないわからないとなったときは、とにかく何でも「卒業論文に関係する作業」をするといい。NDLや図書館で資料検索をかけたり、役に立つような「気がする」レベルで構わないので本を読んでみること。脳内で思考するだけに留めず全て紙に書き出してみたり、ばらばらでも構わないので打てそうな内容を打てるところまで打って保存しておく。こういうことをしていると、だんだん精神的にも身体的にも卒論モードに切り替わってくる。

・大学の設備利用チェック
東京女子大の施設は思ったよりも開いていないことが多い。提出直前の休日に印刷しようと登校したらロッカー室が施錠されていて印刷用紙が取り出せず困った。その上PC室の開室時間がやたらと短く焦った。他にも図書館が開いていなかったり機器の使い方が不明だったりとやたら障害が多かった。直前の大詰め期に大きなタイムロスや致命打を喰らうことになるので、もう少しちゃんと調べておくべきだったと今では思う。

・学校に来るということ
進まないので授業を休んで作業する、というやり方をしがちだが、これは必ずしも得策とは言いがたい。進まないのは詰まっていたりやる気自体が削げていたりするときなので、それを自分でどうにかするよりは周りに持ち上げてもらうほうが早く確実である。ゼミ生と話すことで互いの進行を確認して安心したり焦ったりしてやる気が出る。アドバイスをもらうことができたり、何気ない会話のなかからヒントを得ることができる。
 授業に出ると、自分の持っていない知識を吸収することができるので、一時限分の授業だけで一気にアイデアが湧き、進むことがある。
・期限をできるだけ守る
課された課題はどんな形でも期限内に提出したほうがいい。期限を過ぎた課題がある、という意識は結構な重圧になる。判断力が落ちてくると、何から手をつけるべきかわからなくなり、混乱するので精神衛生上よくない。九月から課題提出ができなくなりそのまま十二月までいってしまったのだが、焦りばかりが大きくなり余裕をもてなくなった。

・「何で?」という意識を持ち続ける。
描き上がったものや自分の考察を見直す際に、「何でこうなるんだ?」という視点を忘れない。わかっているつもりのことでも疑問を持って捉えなおすことで論理の穴が見えてくることがある。自分がわかっていても他者から見るとつながりが全く見えない文章になっていることが多い。

・パソコンは必ず壊れる。
入学時に買ったパソコンは特に時期的に壊れやすい。できることなら春のうちに一度メンテナンスをするべき。「まさか自分は」と考えていてもトラブルは起きる。私の場合は電源コードが断線し1週間作業が停滞した。

・「信じる」こと
まず自分を信じること。卒業論文はよっぽどの事がなければ何とか仕上がるものである。そして担当教授を信じること。自分を信じてどうにかする気を持った人間に対しては最適のサポートをしてくださる。どうにかする気がない人間は周囲がどう頑張ってもすくいあげることは叶わない。
最後に自分の選んだ題材を信じること。必ず自分を惹きつけた魅力というものが作品の中には存在する。何もわからなくなったらその作品とであったときに抱いた思いに立ち返り、読者・研究者それぞれの目線で角度を変えて何回でも向き合うこと。
それができない作品は題材として選ばないほうが懸命である。
[PR]
by ktblue-black | 2009-01-07 06:12 | 思考の迷走