日々徒然なるままに駄目っぷりと愚痴と愛しさの垂れ流し。 呟き手はkt-blue。なんかの病気。躁鬱腐女子らしいよ。咲かない桜に憧れをこめて。


by ktblue-black
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

多少は冷静トゥデイ

昨晩の日記テンションがおかしすぎる

本日の色々

~教授のお部屋にて~
KT「こんなかんじです」
教授「もちついてはなすがよいよ」
KT「こんなかんじなんです」
教授「こんなってどんな?」
KT「これがああなってそれでこうがこうこうでこれがこうこうこう」
教授「ちょっと整理しましょうこれって言うのはどういうことかな」

(略)

KT「ここまでいってるんで今晩死ねれば明日提出できるかもしれないんです」
教授「いいえ月曜日に提出してください」
KT「でm」
教授「あなたは最初から月曜日コースです
※論文提出は今週の月曜から金曜と来週の月曜(最終締め切り)

(略)

教授「あなたって人はどうしてこんなになるまでやらないの!」
KT「サーセン」
教授「もっと早くから初めてればよかったのに!」
KT「サーセン」
教授「私が「卒業する気はあるのか」ってあの日(12月の最初)聞いたからよかったものの!」
KT「サーセン」

(略)

~自宅にて~

KT(もうめんどいからKってかく) 「上記のような感じで教授におこられた」
おかん(もうめんどいからおってかく) 「正論だな」
K 「役者やってたときもあんたからもほかのひとからもこうやってよくおこられるんだ」
お 「そうだな」
K 「でも言われて焦ったのは事実だが正直あれが最終パンチって言う気はしなかった」
お 「そうかよ」
K 「僕はおこられないとやらない子なんでしょうか」
お 「おこられないとやらないというよりも貴様は自分の中で周到に逆算している、だから自分ない期限が来るとエンジンかかる」
K 「だけど今回割と余裕な感じの進行になりそうですよ」
お 「ほんとに落としたら死ぬものに関しては絶対にどうにかできるように予防線を張って間に合うようにしてるから、ただ見通しが甘いからギリギリになりがちに感じるだけ」
K 「でもいつも怒られるのが先ですよ」
お 「ほんとにギリの期限の切り方をするから、他人が怒るのとエンジンかけるタイミングが重なりやすいだけ、他人が怒るのはここで怒んなかったらマジ間に合わないと思うから怒る」
K 「てことはあれですか、オレずるいんですか」
お 「自覚はあったのか」
K 「ないです」

どんだけ

K 「あと、やっと僕の言ってることがわかるようになってきたって言ってた」
お 「ほう」
K 「最初のほうはずっと「日本語でおk」って思ってたそうですよ、論文指導してくうちに僕のほうが整理されてきて理解できるようになってきたそうです」
お 「たしかに君の言葉はわかるひとにしかわからないかいつまみ方だよね」
K 「何にも修正しないで見せたりとかもしてたんでどっちかって言うと教授が僕の文脈を読み込めるようになっちゃってる気もしますよね」
お 「…」
K 「(このかいつまみ喋りはおかんから受け継いだんだろうなと思っている)自分でも理解できてないとこを丸投げにしちゃう感じですね、こう、ニュアンスでみたいな」



大体こんな感じ
教授に関してはもうちょっと丁寧な言葉遣い(お互い)ですが自宅はガチでこれです
KT家はちょっとしたネタ一家です

ついでに言うなら教授は怒ったときにもう卒業あきらめてたそうです 
もっと信じて?(どの口が(ry)

月曜日までの予定

金曜
考察増量
ファイル買いにいく
我慢できないから酉の市参戦してくる

土曜考察
考察整理
編集
徹夜

日曜午前中まで作業
午後から印刷(学校)

月曜
午前中に登校
製本(先輩に丸投げ)
昼までに提出
打ち上げ


多分金曜日で狂う
日曜印刷いけなくて
月曜に印刷機が混み過ぎて落丁多発
ギリギリ提出

なきがする
避けるけど全力で


ところで
400字詰め原稿用紙80枚(最悪60枚)って聞いてたから100枚用バインダーかっちゃったんだけど、
刷り出すときは1ページに800字だから50枚用でよかったことに今気付いた
(50枚用バインダーをぴっちり埋める→原稿用紙100枚(50ページ))
(100枚用バインダーをぴっちり埋める→原稿用紙200枚(100ページ))
(現時点での僕の課題枚数→原稿用紙60枚強(30ページ強))
どうしようこれ
[PR]
by ktblue-black | 2008-12-12 03:43 | 日々